声優のオーディションを受ける前に知るべき事!多大なる自信が肝

有名になれる可能性

女性

学生も所属していて、プロや専属と違い親近感を抱かれやすいのが読者モデルです。読者モデルは、雑誌のモデルのみを担当する傾向にあったのですが、最近は人気が高まって他の仕事を担当して有名になる方もいます。

良い経験になる

女の子

キッズモデルとしてお子さんに活躍してもらいたいのであれば、養成所に通わせるのが近道です。養成所では業界で必要なスキルを身につけることができます。もし、たとえキッズモデルにならなくても将来そのスキルが役に立つでしょう。

自分が希望する役

ウーマン

自分が希望する役にキャスティングしてもらうためには、オーディションに合格するコツを把握しておくと良いです。また、人として常識のある行動、それから服装を心がけることも重要なポイントです。

声を使う仕事

マイク

団体に属する

声優として世の中で活動していくためには、何らかの形で団体に所属するのがオススメだと言われています。中には団体に所属せずフリーで活躍している人もいますが、そういった方は以前、声優関係の団体などで活動を行ない下積みを既に積んでから独立する方が多いようです。しかし、未経験で、業界内でのコネクション構築もまだなのであれば団体に所属すると良いでしょう。団体の中でも、声優希望者の多くが目標とするのは、声優プロダクションです。プロダクションに所属すれば、仕事のオファーなどを斡旋してもらうことができます。声優プロダクションを選ぶ際には、自分の得意とする役柄に適した仕事を提供してくれるところを選択すると良いです。今後ずっとお世話になる場なので、決めるときにはしっかりと情報を集めておきましょう。斡旋している仕事内容や、自分の好きな声優が所属しているかを検討材料にするとスムーズに見つけられます。

仕事の形式

声優のお仕事というのは基本単発式です。仕事内容は、主に作品に出演するキャラクターなどの声を担当することです。アニメやドラマCDを製作会社が企画して、その登場キャラクターの声優を募集します。声優は、やりたいキャラクターに自ら応募するか、事務所側に仕事を紹介してもらうことになるでしょう。しかし、誰でも好きなキャラクターを演じることができるというわけではありません。オーディションという形で、制作側のイメージに適した声優を選んでキャスティングするのです。自分が望む役を演じたいのであれば、オーディション時にしっかりとアピールすることが大切です。そのため、オーディションを受ける際には、滑舌練習や発声練習はもちろんのこと、自分が希望するキャラクターの特徴や作品のストーリーを把握しておきましょう。そうすることで、オーディション時に個性的な演技を披露できることに繋がります。多大なる自信が肝となるでしょう。