声優のオーディションを受ける前に知るべき事!多大なる自信が肝

自分が希望する役

ウーマン

配役方法

演劇の世界ではキャスティングが日常茶飯事に行われています。キャスティングというのは、作品のキャラクターを演じる役者を決めることです。なぜキャスティングを行う必要があるのかというと、映画や劇、それからアニメなどの作品のストーリーは役者を考慮しないからです。中には役者が演じることをイメージして作られた作品もありますが、基本的にはストーリーや登場キャラクターが最初に決められ、そしてそのキャラクターに適した役者をキャスティングします。キャスティング、は制作側が直々に役者に対してこの役を担当してほしいとオファーをするか、オーディションを開催してキャラの役を募集するという大きく分けて2つの方法があります。直々にオファーする方法は、あまり一般的ではないので、基本的なキャスティング方法はオーディションだと言えるかもしれません。

合格するために気を付けること

作品のオーディションに合格することでキャスティングしてもらえるのですが、人気のあるキャラクターほど合格するのは難しくなります。自分が希望するキャラにキャスティングしてもらうためには、幾つかのポイントに注意しておくと良いです。まずは、身だしなみです。できるだけ清潔感を与える服装を心がけると良いかもしれません。場合によっては個性的なファッションの方が好印象を与えることもありますが、個性を重視する際も清潔感は維持した方が良いです。なぜなら、不潔だと嫌悪感を抱かせだらしない印象を与えかねないからです。そして芸能業界では空気が読める、場違いな行動をしない人材が求められます。そのため、ある程度の常識は守ってオーディションに望むと良いです。